Googleタグマネージャーで基本タグを設置する際の注意点

共通

タグの設置順序

基本タグを一番下に設置してください。
Flipdeskには基本タグ、コンバージョンタグ、カートタグ、会員情報連携タグと4種類のタグがあります。
この中でコンバージョンタグ、カートタグ、会員情報連携タグの3種類のタグについては「基本タグより先に」読まれる必要があります。

GTMでタグの挿入順序を制御するには、優先度の設定を利用してください。優先度の高いタグほど先に挿入されます。Google社によればこの動作は非同期です。

 


基本タグ

Googleタグマネージャーで基本タグを設置すると、Scriptタグのdata属性やdeferが削除されてしまう場合があります。

scriptタグ内のdata属性がタグ発火時に消去される事象を確認しています。

ブラウザ上のソースで確認した際に属性が消えている場合、Googleタグマネージャーのタグ設定で以下のスクリプトを記述し、期待通り動作することをご確認ください。

基本形

<script language="javascript" charset="UTF-8" type="text/javascript">
  var script = document.createElement('script');
  script.type = 'text/javascript';
  script.language = 'javascript';
  script.src =
'https://api.flipdesk.jp/chat_clients/flipdesk_chat.js?api_token=貴社のapi token';
  script.defer = true;
  document.head.appendChild(script);
</script>

会員情報連携をしている場合

data-sync-user-id属性が削除されてしまうケースがあります。

<script language="javascript" charset="UTF-8" type="text/javascript">
 var script = document.createElement('script');
 script.type = 'text/javascript';
 script.language = 'javascript';
 script.src =
 'https://api.flipdesk.jp/chat_clients/flipdesk_chat.js?api_token=貴社のapi token';
script.setAttribute('data-sync-user-id', 'client_user_id');
 document.head.appendChild(script);
</script>

 

※ 「api_token=」の後ろに貴社のapi tokenを記述してください。(管理画面のタグ管理>基本タグより確認できます。)
※「client_user_id」の部分は、貴社サイトを利用しているユーザーのIDに当たる変数(置換文字や独自タグ)です。